メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大津園児死傷 被告に禁錮4年6月の実刑 大津地裁判決
20年東京五輪

マラソン1年前、記者が試走 日なたは魚焼きグリル、ビル陰の爽快感と落差

 2020年東京五輪は1年後の8月9日に男子マラソンのレースが開催される。高温多湿の東京では、過酷な暑さが懸念されているが、どれほどのものか。マラソン指導者の金哲彦さん(55)を解説役に迎え、記者がコースの一部を走って体感した。【川崎桂吾】

 本番と同じ午前6時、東京・新国立競技場前からスタートを切った。手元の温度計は気温29・7度、湿度76・9%を示しているが、熱気がこもっている感じはしない。

 「この時点では、日陰に入れば涼しいくらいかもしれません。でも、この湿度は徐々に体にダメージを与えそうですね」(金さん)

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです