ソウルフード「たまコロ」全国優勝でブーム着火 北海道・北見発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
さくさくの衣とふわふわの具材が人気。北見産玉ネギを使用したコロッケ「たまコロ」(グリーンズ北見提供)
さくさくの衣とふわふわの具材が人気。北見産玉ネギを使用したコロッケ「たまコロ」(グリーンズ北見提供)

 生産量が日本一の北海道・北見産タマネギを具材の約7割も使ったコロッケ「たまコロ」。全国のご当地コロッケが集まる全国コロッケフェスティバルで2016年に優勝し、一気にブームに火がついた。それまで知名度がほとんどなかったが、現在は市内のスーパーで総菜コーナーに並ぶなど、すっかり家庭で親しまれる味となった。

 北見市はタマネギ生産、流通、加工いずれも日本一。きたみらい農協(北見市、訓子府町、置戸町)の昨年度のタマネギ作付面積は4622ヘクタール、生産量は26万5949トンに上った。たまコロは、みじん切りのタマネギにツナマヨを加えたクリーミーな具とさくさくの衣で、タマネギが苦手な子どもでも食べられる場合が多いという。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1003文字)

あわせて読みたい

注目の特集