メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さわれるよ、長~い「リュウグウノツカイ」 海水浴場で発見 冷凍標本公開

阿武町で見つかったリュウグウノツカイ=2019年7月、萩博物館提供

 萩博物館(山口県萩市堀内)は13~15日、阿武町の海中で先月見つかった全長2.38メートルの深海魚「リュウグウノツカイ」の冷凍標本を公開する。数年から10年に1度しか見つからない珍しい深海魚で、直接触ったり撮影したりすることもできる。

 7月27日に家族5人で同町木与の清ケ浜海水浴場を訪れた山陽小野田市の会社員、末永真吾さん(40)が午後3時ごろ、海岸から約50メートル沖の深さ約2メートルの海底に沈んでいた死骸を見つけた。「写真を撮りたい」という長男の一…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです