メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「貞子を超えたい」 伊豆大島出身の女子大生、離島航路のシンボルで活躍 東海汽船

東海汽船の4代目マスコットガールとして活躍する小池夏海さん=東京都港区で、米田堅持撮影

 東京の離島、伊豆諸島の大島出身で大学1年の小池夏海さん(18)が、島と本土を結んでいる東海汽船の4代目マスコットガールとして、今年4月から活躍している。離島出身のマスコットガールは初めてで東海汽船は「今年は130周年という節目の年でもあり、島と本土を『結ぶ・つなぐ』存在としてぜひ盛り上げてほしい」と期待を寄せている。

 大島で民宿を営む両親のもとで生まれ育った小池さんは、小学生の頃に昔から受け継がれてきた伝統衣装を着て観光PRを行う「豆あんこ」として活躍していて、当時のマスコットガールに「かっこいいな」というあこがれを抱いていた。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです