メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦前の庶民の不敬・反戦発言をまとめた25歳作家が語る「表現の自由」

高井ホアンさんの著書「戦前不敬発言大全」と「戦前反戦発言大全」の表紙=パブリブ提供

 不敬、反日、非国民。元号が令和に変わっても――いや、むしろ令和に変わってからさらに、昭和の戦時中に頻繁に使われた物騒な言葉が、秋田県への陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画や、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展が中止となったことなどを巡って飛び交っている。表現の自由を巡る状況は、戦前に回帰しつつあるのではないか。

 そんな思いへのヒントとなる本が6月、出版された。かつて反体制活動を取り締まった特別高等警察(特高)が摘発した庶民の言葉を紹介する「戦前不敬発言大全」「戦前反戦発言大全」(パブリブ、各税込み2700円)。計約1200ページの大作を出版したのは、7月に25歳になったばかりの作家・髙井ホアンさんだ。皇室や軍部に関する批判、デマ、下ネタだけでなく、鋭い反対意見や切実な訴えまでが検挙された時代を振り返りな…

この記事は有料記事です。

残り4898文字(全文5276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです