メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
NEWSの窓

政治 5日間の臨時国会 あとは夏休みでいいの?

臨時国会最後の衆院本会議を終えて議場を後にする議員たち=国会内で2019年8月5日、川田雅浩撮影

[PR]

与良正男よらまさお 毎日新聞まいにちしんぶん 専門編集委員せんもんへんしゅういいん

 参議院選挙さんぎいんせんきょわって臨時国会りんじこっかいが5日間いつかかんひらかれました。今度こんど選挙せんきょはじめて当選とうせんしたふな靖彦やすひこさんと木村きむら英子えいこさんが国会こっかいはい姿すがたをテレビのニュースでひとおおいでしょう。

     おも身体障害しんたいしょうがいがある2ふたりは、ともに今回こんかい、ブーム(とっていいでしょう)をこした、れいわ新選組しんせんぐみから当選とうせんしました。2ふたり当選とうせんけて、参議院さんぎいん本会議場ほんかいぎじょう改修かいしゅうするなどバリアフリーがかなりすすみました。

     いままで国会こっかいはそうしためんでとてもおくれていました。ようやく時代じだいわりはじめたとっていいとおもいます。わたしには感動かんどうてき光景こうけいでした。

     でも臨時国会りんじこっかいあたらしい参議院さんぎいん議長ぎちょうめるなどして、あっという閉会へいかい。「えー。それでいいの?」とおどろいたひともいたとおもいます。

     たしかに参議院選挙さんぎいんせんきょ臨時国会りんじこっかいは、こうした手続てつづきだけでませるのがこれまでのやりかたです。でも、どうでしょうか。

     政府せいふ同士どうし対立たいりつはげしくなるばかりの日本にっぽん韓国かんこくとの関係かんけい。アメリカと中国ちゅうごく対立たいりつつづき、その悪影響あくえいきょうわたしたち日本にっぽん経済けいざいにもおよんでいます。景気けいき先行さきゆきが心配しんぱい状況じょうきょうになっています。

     アメリカと北朝鮮きたちょうせんとの交渉こうしょうもどうなるのかかりません。日本にっぽんには未解決みかいけつ課題かだいとして北朝鮮きたちょうせんによる拉致問題らちもんだいがあります。安倍晋三あべしんぞう総理大臣そうりだいじん首相しゅしょう)は解決かいけつ意欲いよくつづけていますが、実際じっさいのところ、いま、どうなっているのか、よくかりません。

     日本政府にっぽんせいふがわおもうようにははこばなかったロシアとの北方領土ほっぽうりょうど交渉こうしょうについても、安倍首相あべしゅしょうらは国民こくみん説明せつめいしないままです。

     大切たいせつはなしがこれ以外いがいにもたくさんあるのに、国会こっかい夏休なつやすみのままでいいのでしょうか。野党やとうがわは5日間いつかかん臨時国会りんじこっかいでもきちんと審議しんぎするようもとめましたが、与党よとう拒否きょひしました。閉会へいかいちゅうでも国会審議こっかいしんぎはできます。すくなくとも8がつちゅうに1ひらくべきだとおもいます。


     政治部せいじぶデスクなどをて2004ねんから論説委員ろんせついいん早稲田大学大学院客員教授わせだだいがくだいがくいんきゃくいんきょうじゅつとめた。TBSテレビ・ラジオや大阪おおさかMBSテレビの報道番組ほうどうばんぐみなどでコメンテーター。1957年生ねんうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

    2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

    3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

    4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

    5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです