メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クックパッドニュース

暑い夏を乗り切る!「旬野菜×タコ」の一汁一菜レシピでパワーチャージ

情報提供:クックパッド 利用規約

厳しい暑さで胃が疲れぎみ…そんなときは一汁一菜のシンプルレシピで体をととのえましょう。“料理が楽しくなるモノ”が買えるマルシェアプリ『Komerco -コメルコ-』編集部に、夏の旬食材を使った一汁一菜について教えてもらいました。

カラフルな夏野菜で食卓に彩りを

こんにちは! Komerco編集部です。
7月の涼しさはどこへやら、いよいよ夏本番。連日厳しい暑さが続くと、体調も崩しやすくなります。猛暑を乗り切るためにも、夏の旬食材を使って、体にやさしい「簡単一汁一菜メニュー」を試してみてはいかがでしょうか?

この季節、食卓に取り入れたいのは太陽をたっぷり浴びた夏野菜。トマトやピーマン、オクラなどカラフルな彩りとみずみずしさを味わいましょう。

また、もう一つオススメしたい食材がタコ。タコは疲労回復に効果的なタウリンや亜鉛が豊富で、夏バテに負けない強い体を作るのにぴったりな食材なんです。

今回は夏野菜とタコを使った一汁一菜レシピをご紹介します!

Fe9747e3372d7ca73cf7f94ea1e50605

夏野菜とタコを使った一汁一菜レシピ

白だしで簡単タコ飯

プリッとしたタコは生姜と一緒に炊き込んで、旨みたっぷりのタコ飯にしましょう。白だしがあれば簡単に味が決まります。

Ed513293baa7bc5533033cadd6f44e78
【作り方】
1.米をとぎ、30分浸水してザルにあけておきます。

2.タコは食べやすい大きさに切ります。

3.炊飯器に米、酒、白だしを入れ、水を3合の線に合わせ、さっと混ぜ合わせます。タコと生姜をのせ、炊飯します。

4.炊き上がったら全体をさっくりと混ぜます。
0bb28e29ab7391c97da90ccde5fcc77f
5.茶碗によそって、お好みで千切りにした大葉を添えてできあがりです。
53a8b11d4e5f7ffccf56341265544f3e 左からデイジーライスボウルブルー、デイジーライスボウルグレー(FolkDesign Kanki-koubou)

カラフルな夏野菜の味噌汁

旬の夏野菜は味噌汁でいただきましょう。意外かもしれませんが、トマトと味噌は相性抜群。どちらも旨み成分「グルタミン酸」が豊富なので、合わせることで旨みの相乗効果が生まれます。

8ee5da9bf37df734f6c6561b89d3afdc
【作り方】
1.オクラは板ずりをして表面のうぶ毛をとります。 C200f8f435a2d216146a2cedccf86225

2.沸騰した出汁に、斜め半分に切ったオクラと、2cm角に切ったトマトを加えてひと煮立ちさせます。

3.味噌を溶き入れたらできあがり。トマトの酸味でさっぱりとした、夏でも楽しめる味噌汁です。 0fc9239bc03b218a2384adec043f25a2

ピーマンのさっぱり煮浸し

旬のピーマンは、切らずに丸ごと煮浸しに。見た目はインパクト大ですが、ピーマンの甘みが引き立ってジューシーに仕上がります。最初に焼き目をつけて香ばしさもプラス。

03f021ed545c6614d73795514bad8942
【作り方】
1.フライパンに油をひき、ピーマンを丸ごと入れ、焼き目がつくまで焼きます。この香ばしい焼き目が旨みのもと。

2.水、しょうゆ、酒、みりん、かつお節を加え、弱火で8分ほど煮詰めます。 9a6263a65ccc86c80d727ac5335c6180

3.仕上げにかつお節をぱらりと振りかけて。タネもヘタも丸ごと食べられて、冷やしてもおいしく召し上がれます。 9b7b4c79c2e754094503b08f5bc95266

いかがでしたか? 旬を迎えた野菜には、旨みや栄養がぎゅっと詰まっています。季節の食材を取り入れたごはんをしっかり食べてパワーチャージし、暑い夏を乗り切りましょう!


『Komerco -コメルコ-』のダウンロードはこちらから!

5c1765c3ad3398b40445e7f580e6fc9e 料理道具やうつわ、調味料、だし、食材など、“料理が楽しくなるモノ”が買えるマルシェアプリ『Komerco -コメルコ-』。自身の手でつくるモノで料理を楽しんでほしいと願うクリエイターさんから、スマートフォンアプリで直接お買い物ができます。※ iOS限定アプリ

関連記事


情報提供:クックパッド 利用規約

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです