姥神大神宮渡御祭

勇壮な山車でにぎわう 江差 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
法被姿の引き手たちに囲まれ、街中を勇壮に巡行する山車=北海道江差町内で
法被姿の引き手たちに囲まれ、街中を勇壮に巡行する山車=北海道江差町内で

 370年余の歴史を誇る、道内最古級の祭り「姥神大神宮渡御祭(うばがみだいじんぐうとぎょさい)」が江差町で10日、本祭を迎え、勇壮な13台の山車(やま)とみこしが町内を巡行。ニシン漁などで栄えた昔の町のにぎわいをよみがえらせた。

 13台の山車は、壮麗に飾り立てた台車に武者や能楽などの人形を据えている。最も古い物は1754(宝暦…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集