メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 鎮魂と再生祈り 詩朗読とダンスコラボ いわき /福島

音と踊りのパフォーマンスと共に自作の詩を朗読する和合亮一さん(左)=福島県いわき市平の市立美術館で

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を経験した福島の今を、福島市在住の詩人、和合亮一さんによる詩と、海外アーティストとのコラボで表現するイベント「福島--新しい光をさがして」が10日、いわき市立美術館で開かれた。和合さんの詩の朗読に合わせ、オーストラリアの舞踊家、ジャン・ベーカーフィンチさんと、パーカッショニストのジョイス・トーさんの女性アーティスト2人が即興で表現した。

 和合さんは震災以降、犠牲者の鎮魂と原発事故からの再生の祈りを込めた新しい表現のあり方を探る試み「未来の祀(まつ)り」を続けており、今回もその一環で、祀り実行委などが主催した。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです