メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転車

宇都宮市走行実験 渋滞解消など検証 /栃木

大谷地区で行われた自動運転の電動車の走行実験=宇都宮市大谷町の大谷公園で

 宇都宮市は10日、近年観光地として人気が高まっている同市大谷地区で、自動運転が可能な電動車を走らせるなどの社会実験を始めた。お盆期間は1日当たり約8000人の観光客が同地区を訪れるといい、渋滞解消や回遊性向上に役立つかを検証する。

 電動車は16人乗りで時速20キロ未満で走行し、運転を手動と自動に切り替えられる。市営駐車場前の大谷公園から大谷資料館までの約700メートルで一般車両の通行を規制し、電…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです