メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19知事選

炎天下、独自戦術で 街頭12時間、夕方演説、屋内で集会 /埼玉

大宮駅前で支持を訴える大野氏=さいたま市で

 25日投開票の知事選は10日、さいたま市や鳩山・寄居両町など7カ所で猛暑日を記録する厳しい暑さの中、初の週末を迎えた。懸命に支持を訴える主要候補の姿から、各陣営の選挙戦略の一端が垣間見えた。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです