メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦跡を訪ねて2019

/1 厚木空神社 大和市 精鋭航空隊「反乱軍」に /神奈川

地元出身の戦没者も合祀(ごうし)され、靖国社となった厚木空神社。後方の石碑には「雄飛」の2文字が刻まれている=神奈川県大和市の深見神社境内で

 約1500年前の創建と伝えられる延喜式内社、深見神社(大和市)の鳥居をくぐる。スギやカヤ、シラカシの木立を背にした本殿に向って左手、「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれる御神木のすぐ横に、小さな境内社が建っている。石碑刻銘は「靖国社」。だが裏側に「厚木空神社」とある。社(やしろ)の由来を知る人には、こちらがなじみ深い。

 玉音放送から12日後の1945年8月27日夜。旧日本海軍の第302航空隊(302空)の西沢良晴大尉…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです