鹿肉ジャーキー

食害対策で開発 松川 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「鹿肉ジャーキー」をPRする原実専務(右)=長野県飯田市追手町の県飯田合同庁舎で
「鹿肉ジャーキー」をPRする原実専務(右)=長野県飯田市追手町の県飯田合同庁舎で

 松川町でソーセージ、ジュース、シードルなど食品加工・販売を手がける「さんさんファーム森の家」(同町大島)が食害対策で捕獲された鹿の肉を使った「鹿肉ジャーキー」を商品開発し、飯田市内で披露した。

 同ファームによると、原材料の鹿肉は県内で捕獲された鹿のモモ肉や肩肉。薄切りにして、しょうゆや香辛料のたれ…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

あわせて読みたい

注目の特集