メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争体験談の集い

「早く忘れたかった」 6人が語る 明石 /兵庫

終戦前後の過酷な経験を語った6人の戦争体験者=兵庫県明石市の市立勤労福祉会館で、浜本年弘撮影

 太平洋戦争の終戦前後を生き抜いた市民ら6人が語る「戦争体験談の集い」が10日、明石市の市立勤労福祉会館であった。特攻隊、引き揚げ、学徒動員などを体験した80~90歳代の市民らは戦後74年を前に「なぜ、あの戦争が起きたのか」「今、どうすべきなのか」と体験を交えて訴えかけた。

 会館で開催中のイベント「第15回ピースフェスタ明石」(11日まで)の一環として開かれ、約80人が聴き入った。

 豊岡市出身の元特攻隊員、伊原昭さん(92)=明石市=は旧制豊岡中学(現豊岡高)在学中の1943年、志願して松山海軍航空隊に入隊。「国家に命をささげるための教育を受けた」。米爆撃機に体当たりするロケット戦闘機「秋水(しゅうすい)」の搭乗要員だった。国内や台湾でも訓練があったが、敵機の爆撃で約20人の仲間も失った。機銃掃射の銃弾も体をかすめ「これで終わり、と思った」。戦争の話は何十年も誰にも話さなか…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです