IR誘致

カジノ反対住民が集会 「海南市の生活にも影響」 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
IRの危険性について説明する阪南大の桜田照雄教授=和歌山県海南市船尾の海南市スポーツセンターで、木原真希撮影
IRの危険性について説明する阪南大の桜田照雄教授=和歌山県海南市船尾の海南市スポーツセンターで、木原真希撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に反対する集会が10日、海南市船尾の海南スポーツセンターであった。市民らでつくる「和歌山カジノに反対する海南の会」が企画し、約70人が参加した。

 県は「和歌山マリーナシティ」(和歌山市毛見)にIR誘致を計画している。同会は「隣の海南市にも関連施設ができる可能性があり、市民生活に影響が出る」…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

注目の特集