メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よさこい祭り

夏本番 高知市街地、暑くて熱い!! 踊り子207チーム1万8000人 /高知

笑顔で踊りを披露する「七福よさこい連 祝禧」の踊り子たち=高知市で、松原由佳撮影

 高知の夏を彩る第66回よさこい祭り本番が10日、高知市内で始まった。11日までの2日間、207チーム約1万8000人の踊り子が16の競演場・演舞場で舞い踊る。炎天下の中、踊り子たちは鳴子を手に笑顔の大輪を咲かせた。【松原由佳】

 初出場の「七福よさこい連 祝禧(いわいめでた)」(東京都)は、昨年活動を休止した「本山さくら」(本山町)から地方車を譲り受けた。代表の高橋由佳さん(26)が他のチームでよさこい祭りに参加した際、本山町に宿泊していた縁がきっかけとなった。本山さくらのメンバーからも「壊そうと思っていたので地方車だけでも走ってくれたらうれしい」と喜ばれたという。

 今年の踊りのテーマはチームの名を取って「七福招来」。衣装にもタイや船をあしらい、めでたさをイメージした。あでやかな舞を披露した高橋さんは「本山さくらの地方車を使えてうれしい。チームの伝統や文化を引き継ぎたい」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  3. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  4. 東京都 新たに89人感染 新型コロナ

  5. 専門家「もっとわかりやすく」「まず信頼獲得を」 政府のコロナ情報発信に注文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです