メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

熱く怒る「おばちゃん」法学者(その1) 不公正は許さへんで

憲法について講義する谷口真由美さん=大阪府豊中市の大阪大で、猪飼健史撮影

 「そしたら、DJ真由美の恋愛相談いくで」

 大講義室を埋めた200人の視線が教壇に集まった。法学者、谷口真由美さん(44)=大阪市=が大阪大で担当する全学部共通科目「日本国憲法」の授業である。

 非常勤講師ながら、全教員の中から10人ほどに贈られる「ベストティーチャー(共通教育賞)」に4年連続で選ばれた。賞は廃止されたが、今も定員の3倍が申し込む人気授業だ。

 金曜1限、遅刻する学生のために、冒頭の10分は雑談と決めている。学生がコメントシートに書いた悩みをテンポ良くさばいていく。容赦ないのに温かい「おばちゃんトーク」で、この日も教室はたびたびわいた。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  4. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです