メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

文政権、止まらぬ急進主義 対韓外交、戦略はあるか=中西寛・京都大教授

=北山夏帆撮影

中西寛(ひろし)・京都大教授

 日本政府が7月初めに行った韓国向け輸出管理強化措置は日韓両国にとどまらず、世界的な注目を集めた。日本政府は今月に入り、韓国の輸出管理上の扱いをグループA(今回注目を集めるまではホワイト国と呼称されていた)からグループBに変更することも決定している。その一方で政府は今回の措置が輸出管理手続きの変更に過ぎず、禁輸や輸出制限ではないことを強調している。

 政府や輸出管理の関係者が強調するように、こうした管理変更自体の影響は限定的で、世界貿易機関(WTO)が定める貿易規則に反するものではないだろう。しかし外交技術としては日本政府の一連の決定は拙劣であったと思わざるを得ない。今回の変更を純粋に事務的な事案として扱いたかったのなら、6月末の大阪での主要20カ国・地域(G20)首脳会議で日韓首脳会談が行われなかったことに世論の注目が集まった直後のタイミン…

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです