メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

盛り土防災、財源の壁 危険度判定、わずか26自治体 釜井俊孝教授・京都大防災研究所(応用地質学)の話

遅れてきた公害だ

 全国約3万カ所、600平方キロ以上の大規模盛り土造成地があることが判明し、宅地のリスクが日本の普遍的な問題であることが改めて裏付けられた。全てが直ちに危険というわけではないが、地盤の締め固めが甘かったり、地下水位が上がったりしている場合は地震で地滑りや液状化が起きやすい。都市部の多くの人がリスクを抱えた場所に住んでいるといえる。

 高度経済成長期に産業構造の変化で、人口が農村部から都市部へ移動した。核家族化も進み、住宅需要が増す…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです