メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

アマゾン熱帯雨林、危機 破壊面積、先月4倍増 温暖化、大統領軽視

熱帯雨林地域

 南米ブラジルで1月に極右のボルソナロ大統領が就任して以降、アマゾンの熱帯雨林の破壊が深刻化している。先住民保護区での違法伐採などが相次ぎ、7月の破壊面積は昨年同期の4倍近くに増加した。過激な言動で「ブラジルのトランプ」と呼ばれるボルソナロ氏は、トランプ米大統領と同様に地球温暖化対策に後ろ向きな立場。環境保護や先住民の人権を軽視する姿勢がアマゾンの危機を招いているとして、国内外から非難が高まっている。【サンパウロ山本太一】

 アマゾンでは近年、先住民保護区に不法に侵入した伐採・採掘業者による木材や鉱物などの強奪が横行してい…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです