メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
囲碁・将棋スペシャル

囲碁 仲邑菫初段 堂々のプロ初勝利 10歳4カ月の最年少記録

田中智恵子四段との対局に勝ち、最年少勝利記録を更新した仲邑菫初段=大阪市北区の日本棋院関西総本部で2019年7月8日、久保玲撮影

 <第23期女流棋聖戦予選B>

 日本棋院が新設した「英才特別採用推薦」第1号として、日本囲碁界では最年少の10歳0カ月でプロ棋士になった仲邑菫(なかむらすみれ)初段。将来は世界で戦える逸材として、いやが上にも注目が集まるが、4月22日の大森らん初段(16)とのデビュー戦は、ほろ苦い敗戦となった。満を持して臨んだ公式戦第2戦。ベテランの田中智恵子四段(67)を相手に、堂々とした打ち回しで初勝利を挙げた。終局後、「自分の勝利よりうれしい」と語った父の仲邑信也九段(46)に、記念の一局を振り返ってもらった。

 7月8日、日本棋院関西総本部(大阪市)での女流棋聖戦予選B。25社約60人の報道陣が見守る中、田中…

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1377文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです