メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『バチカンと国際政治 宗教と国際機構の交錯』=松本佐保・著

 (千倉書房・4860円)

 現存する組織の中で最もミステリアスな部類に数えられるバチカンであるが、松本佐保氏はバチカンを通常の外交史の研究対象として扱い、文書館の一次史料を利用して研究を重ねてきた。本書も、20世紀初頭から現代まで、バチカンがいかに激変する世界に対応しながら生きのび、影響力を確保し続けて来たかが多くの一次史料から明らかにされる。

 20世紀の国際政治の特徴は、やはり「共産主義という怪物」と、国際機関である。本書では、バチカンがい…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文500文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです