メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
長官鳥瞰

成長期の選手のために=鈴木大地

 甲子園では夏の高校野球が行われている。高校生がひたむきに白球を追う姿を見て大いに勇気をもらい、感動をともにしている一人だ。スポーツのよさを春と夏に届けてくれる甲子園には感謝してやまない。

 選手と比べるのは失礼だが、私も2018年のセンバツ大会で始球式を務め、甲子園のマウンドに立った。捕手までものすごく遠く、投手は低め、高め、内角、外角とコントロールして1試合に100球もよく投げられるなと驚いた。球児にとって甲子園が夢の舞台であることは間違いない。投手なら何としてもあのマウンドに立ちたい気持ちはよく分かる。だが、けがで一生を犠牲にしてまで目指すのはどうかと思う。

 岩手大会の決勝で、最速163キロ右腕の佐々木朗希投手(3年)を登板させずに敗れた大船渡高監督の采配…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文921文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです