メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

柔道男子団体 国士舘が優勝

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第15日は10日、鹿児島アリーナなどで5競技が行われ、柔道男子の団体は国士舘(東京)が大牟田(福岡)を代表戦の末に降し、3年ぶり15度目の優勝を果たした。個人戦は60キロ級で近藤隼斗(佐賀工)が2連覇。66キロ級は田中龍馬(佐賀商)、73キロ級は有馬雄生(神奈川・東海大相模)が制した。

 アーチェリー団体で男子は愛知産大三河が6年ぶり4度目、女子は甲南女(兵庫)が11年ぶり4度目の制覇。弓道団体の男子は岡山工が、女子は天童(山形)がともに初優勝した。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです