メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県防災ヘリ墜落

1年 息子のいない晩酌 悲しむ父「再発防止を」

墜落事故で犠牲となった吾妻広域消防本部の蜂須賀雅也さん(右)=遺族提供

 群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が昨年8月、同県中之条町の山中に墜落し、消防隊員ら乗員9人全員が死亡した事故から10日で1年を迎えた。事故原因は調査中。11日には県などが主催する追悼式が町内である。肉親を突然失った遺族は「再発防止のためにも、事故を風化させないでほしい」と願っている。【菊池陽南子】

 「この1年間、何も手につかなかった。今の気持ちをどう表現したらいいのか、言葉にできない」。中之条町…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1166文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです