メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

イエメン分離派が大統領の宮殿占拠 反フーシ派内で混迷

警戒に当たる分離勢力のメンバーら=イエメン南部アデンで10日、ロイター共同

[PR]

 内戦が続く中東イエメンの南部アデンで10日、南部の分離独立を主張する「南部暫定評議会」(STC)がハディ暫定大統領の宮殿などを占拠した。複数の現地報道が伝えた。アデンに拠点を置くハディ暫定政権は「クーデターだ」と非難する声明を出した。両者は内戦で親イラン武装組織フーシ派と戦ってきたが、情勢はさらに混迷を深めそうだ。

 内戦はハディ氏を支えるサウジとアラブ首長国連邦(UAE)が15年に軍事介入して泥沼化してきた。STCはUAEの影響下にあるとされ、サウジとUAEの間に溝ができる可能性もある。イエメンは1990年の統合まで南北に分裂していた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです