メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

京アニ地元・宇治市の図書館が応援コーナー

「響け!ユーフォニアム」のポスターの前で、京アニへのメッセージを貼り付ける子供たち=宇治市折居台1の市中央図書館で2019年8月8日午後5時36分、鈴木健太郎撮影

[PR]

 放火殺人事件で大打撃を受けた「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)を応援しようと、宇治市中央図書館(同市折居台1)が「♯PRAY FOR 京アニ」コーナーを特設した。宇治の高校吹奏楽部が舞台の「響け!ユーフォニアム」劇場版のポスターや、「響け!」をはじめ同社作品の原作小説を展示した他、花やハート形の紙とメッセージボードを用意。来館者にメッセージを書いて貼ってもらう。

 「響け!」の原作小説の作者・武田綾乃さんは同市出身で、作中には同館に隣接する市文化センターも登場。同館が武田さんの講演会を文化センターで開催した際は全国からアニメ・小説のファンが集まった縁もあり、「犠牲者の冥福、負傷者の回復、京アニの復興を図書館でも祈ろう」と企画した。

 ボードには「京アニがんばれ」「いつも素晴らしい作品をありがとう」「作品を見て応援しています」など、今月6日の設置以来100通以上のメッセージが貼られている。安田美樹館長は「『聖地巡礼』をするほどの熱心なファンでなくても、宇治から作品を発信し続けた京アニを心配している人が多い。そういう人たちの思いを集めて応援できれば」と話している。

 31日まで、休館日は13、19、22、26日。【鈴木健太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです