メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「航空機墓参」北方領土へ出発「心ゆくまで思いを遂げます」

古里に思いをはせ、笑顔で搭乗口に進む元島民ら=道東の中標津空港で2019年8月10日8時7分、本間浩昭撮影

 北方領土の航空機墓参で、元島民ら67人を乗せたロシアのチャーター機が10日、北海道中標津町の中標津空港を離陸し、国後・択捉の両島の空港に到着した。一行は計3カ所の墓地で先祖の霊に手を合わせた。

 中標津空港での出発式で大塚小弥太団長(90)=札幌市=は「念願がかない、航空機墓参が実現しました。北方領土に眠る肉親の冥福を祈るせっかくの機会。心ゆくまで思いを遂げてまいります」と…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

  5. 金言 天才にも解けない?=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです