メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
エンタメノート

お盆は寄席で涼しく 大御所も若手も勢ぞろい

お盆の最中に名古屋・大須演芸場で突然の開催、入場料1000円と破格の「瀧川鯉朝・桂あやめ二人会」

 今年のお盆も猛暑になった。「特に予定はないけれど普段とは違ったエンタメで楽しみたい」という方には、寄席体験をおすすめしたい。

 なぜおすすめかといえば、ちょっと混んではいるけれど、お盆は寄席にとって正月と並ぶ「かきいれどき」。大御所、人気者、売れっ子、元気のいい若手が出演するからだ。

     ■

 東京の寄席は5軒。中席(20日まで)の日程をのぞいてみる。浅草演芸ホール(http://www.asakusaengei.com/)は都内や近県に住む方も、意外と知らない浅草観光がてらに足を運ぶといい。昼席は、落語の後に芸人たちが「寄席の踊り」を見せる大喜利「納涼 住吉踊り」。ちなみに大喜利とは、本来の意味は寄席の余興のこと。いつのまにか笑点の「座布団取り」イコール大喜利になってしまっているが。

 夜は林家正蔵さんがトリ。柳家権太楼さん、柳亭市馬さん、柳家喬太郎さんらが出演している。

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1248文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです