待機児童対策の切り札に群がったブローカー 企業保育所不正指南、横行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡市で起きた助成金詐取事件で企業主導型保育所を開設するとされていたビル内の現場は、コンクリートむき出しで放置されていた=福岡市中央区で2019年7月11日、津村豊和撮影
福岡市で起きた助成金詐取事件で企業主導型保育所を開設するとされていたビル内の現場は、コンクリートむき出しで放置されていた=福岡市中央区で2019年7月11日、津村豊和撮影

 企業が主に従業員向けに整備する「企業主導型保育事業」を巡り、企業に開設時の工事費を水増しして申請させ、国の助成金を過大に受け取る指南をするブローカーが暗躍していることが、関係者への取材で明らかになった。同事業が2016年度に始まった当時、少なくとも数十社あったとみられる。助成業務を担う公益財団法人「児童育成協会」(東京都渋谷区)もブローカーの存在を把握しているが、特定はできていないという。

 企業主導型保育事業は、待機児童対策の切り札として導入された。開設や運営の要件が認可保育所より緩い一方、助成金は認可施設並みに支給されることもあり、短期間で急増。協会関係者らによると事業の開始前後、保育と無関係だった不動産業者や建設業者が「保育コンサルタント」を名乗り、土地などを見付けて企業に開設を持ち掛ける例が目立つようになった。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1302文字)

あわせて読みたい

注目の特集