特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

春は最後の打者だった筑陽学園・石川 好球必打で起死回生の同点三塁打

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【作新学院-筑陽学園】九回裏筑陽学園2死一、二塁、石川が右越え2点三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月11日、玉城達郎撮影 拡大
【作新学院-筑陽学園】九回裏筑陽学園2死一、二塁、石川が右越え2点三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月11日、玉城達郎撮影

○作新学院5―3筑陽学園●=11日・甲子園(2回戦)

 筑陽学園の8番・石川が今春のセンバツの反省を生かした。2点を追う九回2死一、二塁。カウント1―1からの内角スライダーを引っ張り、右越え三塁打で試合を振り出しに戻した。センバツでは東邦(愛知)との準々決勝で最後の打者になった。「弱気になりバットが出なかった」と思い出し、好球必打を心掛けた。「直球狙いの分だけ体の開きが早くなり、スタンドまで届かなかった。九回で決めていれば」と悔しそうだった。

次に読みたい

あわせて読みたい