メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ORICON NEWS

加藤浩次、吉村崇へのお説教明かす 追従発言に「一心同体だと思われるのは迷惑だ」

情報提供:ORICON NEWS

加藤浩次(C)ORICON NewS inc.
 極楽とんぼ・加藤浩次が(50)が10日深夜のMBSラジオ『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』に出演。“加藤の乱”メンバーにボヤキが止まらなかった。

【写真】加藤浩次の美人妻 キッチンに立つかおりさん

 一連の騒動では加藤が吉本興業やダウンタウンの松本人志に反旗を翻した構造にも見え“加藤の乱”とも呼ばれた。「新聞でVS構造にしてたけど加藤側、弱すぎるだろ」とメンバーが平成ノブシコブシの吉村崇、タカアンドトシのトシのみたったことにボヤき。「新聞見て笑ったもん。弱いって」と繰り返し、笑い声を上げた。

 加藤は吉本興業との契約解消処分となった宮迫博之(雨上がり決死隊)と、謹慎中の田村亮(ロンドンブーツ1号2号の)が先月20日に行った謝罪会見を受けて同22日の『スッキリ』で取締役ほか経営側の刷新を求め、同社の「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」と強い口調で訴えた。直後に吉村は「僕は北海道の人間です 何かあった時は北海道の人について行きます」と加藤が辞める場合は追従する趣旨のつぶやきを行った。

 ラジオで吉村のつぶやきを振り返った加藤は「アイツか!」と対立構造を作った“主犯格”にチクリ。激化の一途をたどっていた騒動の最中に吉村から「加藤さん、俺はわかってます。腹は決まってます」と連絡があったそうで加藤は「やめてくれ、そんなの。迷惑だ。そんな気は一切ない」と返したという。

 そして「お前と一心同体だと思われるのは迷惑だ」とストレートに告げたそう。「『えっ』となってた。『マジだぞ、吉村』って。『そうなんすね~』って」とやり取りを笑いながら回想。イジりつつも「熱くなるタイプだから」と後輩の心境も理解していた。

情報提供:ORICON NEWS

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです