メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・あきた

化石収集家魂、燃える 横手市教委専門員・高橋輝幸さん /秋田

高橋輝幸さん

 小学生の時に母からもらったハマグリの化石が人生に影響したと言っても過言ではない。太古の世界から時空を超えてやってくる化石--。子供心にロマンを感じた。山形大理学部物理学科で地学を履修。地質分布を研究する傍ら、化石を採取した。

 卒業後、横手市役所に入庁。30代の時、あるイベントで自分の化石を展示することになった。勇んで展示したはいいが、がくぜんとした。「貝や植物ばかりで、ひどく地味だったんです」。落ち込んだ。

 当時はインターネットが普及し始めた時代。東京で化石販売会があることを知った。「有名な化石が買える」…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです