メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演奏会

ふるさと納税制度を利用、寄付楽器使い 感謝の思い込め奏で いなべ・大安中 /三重

 家庭で眠っている楽器を寄付してもらう、いなべ市のふるさと納税制度を受け、全国から寄せられた楽器を使った演奏会が11日、市大安公民館(同市大安町)で開かれた。演じたのは市立大安中学校の吹奏楽部(部員約60人)。同部の楽器不足が制度創設のきっかけだっただけに、部員らは寄付してくれた人々に感謝の思いを込めて一生懸命に奏でた。市の招きで来館した寄付者は「処分する予定だった楽器が役に立ってうれしい」と喜んでいた。【松本宣良】

 同校の吹奏楽部では楽器が足りず、前顧問の私物を借りるなどしてしのいでいた。市はクラブ活動費が限られ…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです