メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
下鴨納涼古本まつり

暑さに負けずお宝探し 江戸期の古書など80万冊 下鴨神社糺の森で16日まで /京都

下鴨神社糺の森を会場に始まった「第32回下鴨納涼古本まつり」。強い日差しの中、来場者はお目当ての本を探していた=京都市左京区で、菅沼舞撮影

 毎年恒例の「下鴨納涼古本まつり」が11日、下鴨神社糺(ただす)の森(京都市左京区)を会場に始まった。16日まで。

 京都古書研究会主催で32回目。今年は市内外の31店舗が出店し、江戸期の古書や美術本をはじめ昔の教科書、絵本、雑誌など個性豊かな約80万冊がそろう。ポスターや写真、映画のパンフレット、骨董などの品物もある。同会によると、例年1日で約1万人が訪れるといい、暑さ対策のために、本部…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです