メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よさこい祭り

本番2日目 華やかに舞い踊る 大賞に「とらっくよさこい(ちふれ)」 きょう全国大会と後夜祭 /高知

元気よく踊る「り組(高知県理容生活衛生同業組合)」の踊り子たち=高知市で、松原由佳撮影

 第66回よさこい祭りは11日、本番2日目を迎えた。踊り子たちはこの日も高知市内16カ所の演舞場・競演場で次々と華やかな舞を披露し、観客たちを魅了した。12日には全国大会と後夜祭が開かれ、よさこい祭りはフィナーレを迎える。

 理容師らで構成するチーム「り組(高知県理容生活衛生同業組合)」のテーマは、「もしも2220年に高知でオリンピックが開催されちゃったら」。約100人の踊り子たちがオリンピックの開会式をイメージした踊りを披露した。代表の橋村泰央さん(52)は「2…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです