メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

事件はささやく 勾留1年半、寝たきりに 30代知的障害女性(その1)

見舞い中、母(右)が爪を切ってあげながら語りかけると、娘の表情が少し和らいだ=青森県で2019年8月10日、岩崎歩撮影

 青森市内の精神科病院で、女性(32)はぼんやりとした目で車いすに座っていた。自室に火をつけたとして現住建造物等放火罪に問われ、執行猶予付きの有罪判決を受けた。もともと知的障害があったが、1年5カ月に及ぶ勾留を経て歩行困難になり、発語もうまくできなくなった。なぜ女性は寝たきりになったのか。司法とは、誰のためにあるのだろうか。【岩崎歩】

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです