メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象牙

登録、駆け込み 厳格化前、昨年一気に30トン

国内の象牙登録量

 国内で7月に始まった象牙登録制度の厳格化前に登録量が急増していたことが、環境省への取材で分かった。近年の登録はほぼ10トン台だったが、2018年は約30トンに拡大し19年は半年で約10トンに上った。従来の制度は合法的に入手したことを証明する要件が緩く、厳格化前に大量の駆け込み登録がなされた形。新制度での登録は7月末現在ゼロだ。環境団体は「違法取引や出所不明の象牙が紛れ込んだ恐れがある」と指摘する。

 象牙はアフリカゾウの密猟深刻化を受け、1990年に国際取引が禁止された。日本国内では、全体の形を保…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. 羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです