メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
風知草

韓国へ届く言葉を=山田孝男

絵・五十嵐晃

 ゴルフのシンデレラの魅力は、スマイルばかりではない。「やっちゃいましたね。なんで勝てたんですかね?」のシブコ節。自分を見つめ、置かれた状況や感情を的確に伝えるアイメッセージ(I message)に非凡なものがある--。

 メンタルトレーニング上級指導士で五輪メダリストの、田中ウルヴェ京(みやこ)の渋野日向子(ひなこ)評である。興味深い視点だと思った。

 スポーツ選手からメディア対応について相談を受ける機会が多い田中に聞いてみると、I thinkやI …

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1349文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです