メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
質問なるほドリ

米韓演習、今回はなぜ名なし? 反発する北朝鮮に配慮 トランプ氏が規模縮小=回答・米村耕一

「新型戦術誘導弾」の発射を視察した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(右)。7日付の労働新聞が報じた=コリアメディア提供・共同

 なるほドリ 今月5日に始まった米韓合同軍事演習(べいかんごうどうぐんじえんしゅう)は以前のような名前がないんだって?

 記者 もともと合同演習は、春は「フォールイーグル」と「キー・リゾルブ」、夏は「フリーダムガーディアン」という名前で実施してきました。しかし、昨年6月の米朝首脳会談後、トランプ米大統領が合同演習の中止を打ち出すと、今年の春は「同盟19-1」との名称で規模を縮小して実施されました。さらに今回はそうした名称も公表されていません。演習に強く反発する北朝鮮に配慮(はいりょ)し、米韓同盟の強さを示すような用語の使用を避けたとみられています。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文794文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. フィリピンで慰安婦像が「不明」に 台座だけ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです