メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

米韓演習、今回はなぜ名なし? 反発する北朝鮮に配慮 トランプ氏が規模縮小=回答・米村耕一

 なるほドリ 今月5日に始まった米韓合同軍事演習(べいかんごうどうぐんじえんしゅう)は以前のような名前がないんだって?

 記者 もともと合同演習は、春は「フォールイーグル」と「キー・リゾルブ」、夏は「フリーダムガーディアン」という名前で実施してきました。しかし、昨年6月の米朝首脳会談後、トランプ米大統領が合同演習の中止を打ち出すと、今年の春は「同盟19-1」との名称で規模を縮小して実施されました。さらに今回はそうした名称も公表されていません。演習に強く反発する北朝鮮に配慮(はいりょ)し、米韓同盟の強さを示すような用語の使用を避けたとみられています。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです