メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

企業型保育所 相次ぐ不正 甘い審査、見透かされ

福岡市で起きた助成金詐取事件で企業主導型保育所を開設するとされていたビル内の現場は、コンクリートむき出しで放置されていた=福岡市中央区で2019年7月11日、津村豊和撮影

 待機児童対策の切り札との期待を担った企業主導型保育事業で、問題が相次いでいる。助成金の不正受給事件が各地で明るみに出たほか、需要の少ない地域での乱立なども起きている。背景には、保育の受け皿作りを急ぐあまり、門戸を広げる一方で審査など基本的な事務処理が追いついていない体制の不備がある。 【村田拓也、阿部亮介】

 東京都内で保育コンサルタントとして多くの認可保育所の開園に関わってきた男性(36)は、企業主導型保育事業が始まった2016年の出来事をよく覚えている。助成の申請窓口になっている公益財団法人「児童育成協会」に現地の工事完了検査をいつやるか問い合わせたところ「必要に応じてやる。全部は難しいかもしれない」との回答があり驚いた。認可保育所では自治体職員が必ず現地確認に来ていたからだ。

この記事は有料記事です。

残り2829文字(全文3174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです