メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リビア

自動車爆弾、国連の3人死亡 安保理が緊急会合

 国家分裂状態のリビアの東部ベンガジにある商業施設の前で10日、自動車爆弾が爆発するテロがあり、国連に所属する3人が死亡、2人が負傷した。国連安全保障理事会は10日、公開の緊急会合を開き、議長国ポーランドのブロネツカ国連大使は、テロを「最も強い言葉で非難する」と表明した。

 国連は、11日からのイスラム教の「犠牲祭」の祝日に合わせた停戦を内戦当事者に呼び掛けていた。ロイター通信によると、首都トリポリに拠点を置くシラージュ暫定政権は9日に停戦受け入れを表明。敵対するベンガ…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです