メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/13 創価大 アフリカ貧困軽減「藻を食品に」

創価大SDGs推進センター長の田中亮平副学長=2019年7月22日、東京都八王子市の創価大で、中根正義撮影

 「人類の平和を守るフォートレス(要塞(ようさい))たれ」を建学の精神とする創価大は、社会に貢献する「創造的人間の育成」を教育目標に掲げている。

 「『誰一人取り残さない』という理念で、持続可能な社会の構築を目指すSDGsは、本学のビジョンにマッチしています。全学での推進を目指し、4月にSDGs推進センターを設立しました」。センター長の田中亮平副学長はそう話す。

 同大は、平和や人権といった問題に創立以来取り組んできた。1976年、平和問題研究所を開設。昨年には…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです