メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

フリーランス光と影/中 「副業で成功」の道険し

フリーライターの女性に出版社から送られてきた原稿料の支払通知書。支払額が単価の8割に減らされていた

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 「終身雇用の維持は困難」--。そんな発言が経営者トップから相次ぐ中、政府が副業・兼業を推進している。ただ、個人で仕事を請け負うフリーランスは立場が弱く、報酬が適切に支払われないなどのトラブルもある。

ゆらぐ終身雇用制度

 「あなたの作った曲を使いたい」。2014年、大手事務用品メーカーでマーケティングを担当する岸健二さん(38)に、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて1通のメッセージが届いた。差出人は南米チリにある大学の職員。岸さんは趣味で楽曲を作り、インターネット上で公開していた。それを聞いた職員が「大学をPRする動画のBGMに使いたい」と伝えてきたのだ。

 その後、同じような依頼は徐々に増加。フリーランスとして制作した楽曲はテレビ番組やアパレルメーカーの…

この記事は有料記事です。

残り2122文字(全文2479文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

  4. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです