メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

 個人的な話で恐縮です。僕の末娘が臨月になり、今か今かと孫の誕生を待ちわびていたところ、「陣痛が始まったので今から入院します」と連絡が入りました。夜中の2時くらいだったでしょうか。その直後、突然僕の携帯が鳴り……。同じ産婦人科仲間でもある主治医からでした。「心音がとれないのです。残念ですがIUFD(子宮内胎児死亡)のようです。力及ばず申し訳ありませんでした」。誰が悪いわけでもありません。陣痛の始まった娘が病院に到着し、主治医が診察を始めるも心音が聞こえない。これは大変だ、となったわけです。

 IUFD。まさか僕の家族が直面するなど想像もできませんでした。改めて統計を調べてみると妊娠10カ月…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文956文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです