メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 個人的な話で恐縮です。僕の末娘が臨月になり、今か今かと孫の誕生を待ちわびていたところ、「陣痛が始まったので今から入院します」と連絡が入りました。夜中の2時くらいだったでしょうか。その直後、突然僕の携帯が鳴り……。同じ産婦人科仲間でもある主治医からでした。「心音がとれないのです。残念ですがIUFD(子宮内胎児死亡)のようです。力及ばず申し訳ありませんでした」。誰が悪いわけでもありません。陣痛の始まった娘が病院に到着し、主治医が診察を始めるも心音が聞こえない。これは大変だ、となったわけです。

 IUFD。まさか僕の家族が直面するなど想像もできませんでした。改めて統計を調べてみると妊娠10カ月…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです