メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/12 阿部和重 写真・相川博昭

 この夜、白馬荘に帰りついたのは午後九時半すぎだった。こんこん足音を鳴らして赤錆(さび)だらけの鉄骨階段をあがりきると、おかしなことに気づいた。だれもいないはずなのに、二階のまんなかに位置する自室に明かりがともっている。電灯を消しわすれて出かけたことは過去にいっぺんもなかったが、これが人生初の経験というやつだろうか。

 思いがけない異変を軽く受けとめつつ、横口健二はいつもどおりに部屋の鍵をとりだしながら共有通路をすたすた歩いていった。つづいてその真鍮(しんちゅう)の棒鍵をドアノブの下にある鍵穴へ挿しこみ右へまわしかけると、すでに解錠されていると知ってあれっとまた思う。施錠を忘れて外出したことも過去にいっぺんもなかったが、これが人生初がふたつかさなったという希有(けう)な瞬間ではないのは即座にわかった。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです