メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西村玲子の装い帳

さっぱりとした夏を

 こんなに季節が定まらないのは珍しい。梅雨明けを待った先月のこと。夏服の出番はいつになるのか。涼しいことに甘えきって油断していると、急に暑い夏がやってくるのだろうか。などと心配していた。

 どんなことになってもまずは、自分の周りを整える。懐かしい風景や出来事を思う。気持ちのよい服装を選択する。本当は絵に描いたジジちゃんのような子犬が欲しい。それもままならなくて妄想している。

 入院先ではいろいろな方たちと出会う。3カ月で退院して我が家に戻ってくると、入院中のお付き合いは途切れてしまう。そんな生活もなかなかいい。何事も思うようには続かないが、こんなものだって割り切ることができるようになった。引きずってばかりいた私だが、この年齢になってやっと、自分の世界とほかを切り離すことができるようになった。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです