メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西村玲子の装い帳

さっぱりとした夏を

 こんなに季節が定まらないのは珍しい。梅雨明けを待った先月のこと。夏服の出番はいつになるのか。涼しいことに甘えきって油断していると、急に暑い夏がやってくるのだろうか。などと心配していた。

 どんなことになってもまずは、自分の周りを整える。懐かしい風景や出来事を思う。気持ちのよい服装を選択する。本当は絵に描いたジジちゃんのような子犬が欲しい。それもままならなくて妄想している。

 入院先ではいろいろな方たちと出会う。3カ月で退院して我が家に戻ってくると、入院中のお付き合いは途切れてしまう。そんな生活もなかなかいい。何事も思うようには続かないが、こんなものだって割り切ることができるようになった。引きずってばかりいた私だが、この年齢になってやっと、自分の世界とほかを切り離すことができるようになった。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです