メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育児参加頻度

東京の男性、最低 東アジア5都市調査

 香港やソウルなど東アジア5都市のうち、東京の男性は育児への参加頻度が最も低いとの調査結果を、笹川平和財団(東京都)の研究チームがまとめた。1日の労働時間は各都市とも8時間台で大きくは変わらず、男女の役割意識が育児参加の差となっているとみられる。

 チームは昨年3~6月、国内5地域(東京、東北、北陸、九州、沖縄)と東アジア4都市(ソウル、台北、上海、香港)の20~69歳の男性…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです