メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

第78期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-羽生善治九段 第7局の5

第2ラウンド

 羽生が竜を追い返す。午後10時を過ぎ、羽生が残り1時間を切った。現状は角得で、局面を収めれば駒得が生きる。「自信ないなぁ」と三浦。難解な終盤の入り口だ。[先]6四桂~[先]5六桂とおかわりし、次に[先]6四桂の王手金取りを見せる。

 [後]4二玉の一手とみられていたが、羽生は[後]3七歩と叩(たた)く。いよいよ反撃の始まりか。[先]同銀に[後]2七角と打ち、[先]5八金[後]7三桂[先]3五竜[後]4五角引成が控室の検討。[後]2七角を入れた効果で、[先]3五竜に竜取りの先手で切り返せるのが大きく有力と見られていた。しかし羽生は叩きを入れてから[後]4二玉。予定変更のような手順だ。

 戻って[先]3七同銀では[先]6四桂が盤側からの指摘。[後]4二玉[先]7二桂成に(1)[後]3八…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文847文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです