メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
水の事故

全国16人死亡 神奈川・小田原では救助の母死亡

 全国的に高い気温を記録した11日は、各地で水難事故が相次いだ。毎日新聞のまとめでは、神奈川県小田原市早川の海岸で小学5年の女児(11)が沖に流され、救助しようとした母親(44)が死亡するなど、全国で少なくとも16人が死亡した。

 小田原市の事故は午前11時20分ごろに発生した。亡くなったのは川崎市高津区の会社員、長谷川美穂さんで、女児は救助されて無事だった。小田原市消防本部などによると、女児は消波ブロックの内側で遊泳中に引き波に遭ったという。神奈川県内の海ではほかに男性3人が死亡した。

 長崎県対馬市厳原(いづはら)町の海水浴場では午後2時20分ごろ、遊泳中の同町の小学2年、小島祐真(…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文892文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです